個人ローンの審査と年収

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と年収





年収は高ければ高いほど良いことには違いありませんがただ高ければそれで全て良いということにはなりません。
例えば年収1,000万円の自営業と年収500万円の公務員を比較した場合、個人ローンの審査においては公務員の方が優良顧客と見なされます。
理由は収入の安定性です。
自営業はたとえ昨年の収入が1,000万円であったとしても、今年もその収入が保証されるとは限りません。
一方で公務員の場合、昨年の収入が500万円であったら、今年も同水準の収入が得られると考えられます。
ローンを貸し出す金融機関としては貸すだけではなく、その後にきちんと返済してもらえることこそが大切な視点です。
自営業のすべてにおいて収入が不安定とは言い切れませんが、自営業の収入がずっと安定するとは誰しも予測することが出来ません。
自営業の商売内容にも依りますが、本人の健康状態や天候、経済環境等で自営業の収入は大きく変動する傾向があります。
このような理由から個人ローンの審査においては年収は高ければ高いほどよいとは言い切れないのです。
収入の大小よりも職種や職業の方が重要視されるのが個人ローンの審査の世界です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達