個人ローンの審査と居住年数

投稿日:

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と居住年数

ローン申込書には現在の住居の居住年数を記載する欄があります。
居住年数もローン審査の1つの項目です。
すでにおわかりとは思いますが、当然居住年数が長いほどローン審査には有利です。
安定感という点で居住年数が1年未満の人と5年以上の人を比べた場合、誰もが5年以上の人の方に安定感を感じることと思います。
住居を転々としている人にはどうしても安定感が感じられません。
ローンは貸すだけではなく当然返してもらわなければなりません。
「この人はきちんとローンを返す人かどうか」がローン審査の基本です。
安定感がある人の方がローンをきちんと返す人といった印象を受けることが出来ます。
このような理由からローン審査においては居住年数によって申し込みをした人の安定感、信頼感を推測する1つの材料としているのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-個人ローンの審査

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.