個人ローンの審査と居住年数


2014年06月05日

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と居住年数

ローン申込書には現在の住居の居住年数を記載する欄があります。
居住年数もローン審査の1つの項目です。
すでにおわかりとは思いますが、当然居住年数が長いほどローン審査には有利です。
安定感という点で居住年数が1年未満の人と5年以上の人を比べた場合、誰もが5年以上の人の方に安定感を感じることと思います。
住居を転々としている人にはどうしても安定感が感じられません。
ローンは貸すだけではなく当然返してもらわなければなりません。
「この人はきちんとローンを返す人かどうか」がローン審査の基本です。
安定感がある人の方がローンをきちんと返す人といった印象を受けることが出来ます。
このような理由からローン審査においては居住年数によって申し込みをした人の安定感、信頼感を推測する1つの材料としているのです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%