金が続くかどうか

ホーム銀行融資審査マンの心理>金が続くかどうか

銀行融資の審査では決算分析による融資先の返済能力の見極めが中心となりますが、最後は融資先のお金が続くかどうかを見ています。
決算内容が良好であれば良いのですが、赤字のように決算内容が良くない融資先に融資を行うかどうかを見極める際にはこの「お金が続くかどうか」が最後の拠り所となります。
お金が続けば融資の返済が滞ることもありませんし、倒産するようなこともありません。
例えば決算は赤字であるが経営者が十分な資金を有していれば、その資金を会社に投入することによりお金は続きます。
また不動産のような担保物件があれば、それを活用することにより銀行から資金調達をすることが出来ます。
個人の資産負債状況などを銀行に開示することに躊躇する経営者の方も存在しますが、開示いただくことにより「お金が続く」と判断出来ることにより融資が出来る可能性が広がります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。