金が続くかどうか

ホーム銀行融資審査マンの心理>金が続くかどうか





銀行融資の審査では決算分析による融資先の返済能力の見極めが中心となりますが、最後は融資先のお金が続くかどうかを見ています。
決算内容が良好であれば良いのですが、赤字のように決算内容が良くない融資先に融資を行うかどうかを見極める際にはこの「お金が続くかどうか」が最後の拠り所となります。
お金が続けば融資の返済が滞ることもありませんし、倒産するようなこともありません。
例えば決算は赤字であるが経営者が十分な資金を有していれば、その資金を会社に投入することによりお金は続きます。
また不動産のような担保物件があれば、それを活用することにより銀行から資金調達をすることが出来ます。
個人の資産負債状況などを銀行に開示することに躊躇する経営者の方も存在しますが、開示いただくことにより「お金が続く」と判断出来ることにより融資が出来る可能性が広がります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達