個人ローンの審査と住居の種類

投稿日:

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と住居の種類

住居の種類は個人ローンの審査の1つの要素となっています。
金融機関にとってローンはただ貸すだけではなくきちんと返済してもらわなければなりません。
そのために借主の安定度を審査判断では重要視しています。
その借主の安定度を推測する1つの要素として住居の種類があるのです。
借主名義の持家がある場合と賃貸とを比較した場合、一般的に考えて借主名義の持家がある方が安定度が高いと考えられます。
個人ローンの申込書には住居形態を記入(入力)する箇所がありますが、これは上記の理由によるものです。
個人ローンの審査において住居の種類による安定度は次のようになります。
安定度が高い順から【自分名義の持家→家族名義の持家→賃貸】

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-個人ローンの審査

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.