個人ローンの審査と住居の種類

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と住居の種類





住居の種類は個人ローンの審査の1つの要素となっています。
金融機関にとってローンはただ貸すだけではなくきちんと返済してもらわなければなりません。
そのために借主の安定度を審査判断では重要視しています。
その借主の安定度を推測する1つの要素として住居の種類があるのです。
借主名義の持家がある場合と賃貸とを比較した場合、一般的に考えて借主名義の持家がある方が安定度が高いと考えられます。
個人ローンの申込書には住居形態を記入(入力)する箇所がありますが、これは上記の理由によるものです。
個人ローンの審査において住居の種類による安定度は次のようになります。
安定度が高い順から【自分名義の持家→家族名義の持家→賃貸】





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達