個人ローンの審査と住居の種類

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と住居の種類

住居の種類は個人ローンの審査の1つの要素となっています。
金融機関にとってローンはただ貸すだけではなくきちんと返済してもらわなければなりません。
そのために借主の安定度を審査判断では重要視しています。
その借主の安定度を推測する1つの要素として住居の種類があるのです。
借主名義の持家がある場合と賃貸とを比較した場合、一般的に考えて借主名義の持家がある方が安定度が高いと考えられます。
個人ローンの申込書には住居形態を記入(入力)する箇所がありますが、これは上記の理由によるものです。
個人ローンの審査において住居の種類による安定度は次のようになります。
安定度が高い順から【自分名義の持家→家族名義の持家→賃貸】

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。