個人ローンの審査項目:属性

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査項目:属性

個人ローンは金融機関にとってただ貸すだけではなくきちんと返済してもらわなければなりません。
この人はきちんと返済してくれる人かどうかをいろんな切り口から金融機関は判断しているわけですが、その判断材料の1つに属性があります。
属性とは個人のさまざまな情報です。
具体的には次に記載しているような項目です。
・年齢
・勤続年数
・職種や職業
・勤務先の規模
・年収
・居住年数
・住居の種類
・家族構成
・電話の有無や種類





これらの属性項目を1つ1つ点数化してその個人の総合的な属性の評価(スコアリング)を施して審査判断の1つに利用しています。
個人ローンの申込書にはさまざまな項目を記載(入力)する欄があると思いますが、実は属性情報なのです。
記入(入力)された属性情報を点数化してローン判断に利用しているのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達