連帯保証人の借金が原因で住宅ローンの審査が通らない?

更新日:

住宅ローンで連帯保証人が必要となるケースとは

住宅ローンは基本的に住宅ローン保証会社の保証付での取扱となりますから、連帯保証人を別途つける必要はありません。
ではまったく連帯保証人が不要かと言えば、そうではなく下記のような場合に連帯保証人が必要となります。
・購入する住宅の名義が共有名義とする場合
 例えば夫と妻の共有名義
・妻の収入を合算扱いで住宅ローンを申し込む場合
 例えば夫が住宅ローンを借りるが夫の収入だけでは希望額に届かないため、
 妻の収入を合算扱いで住宅ローンを申し込む場合
・親の土地に建物を新築する場合
 親の土地も住宅ローンの担保となりますから親が連帯保証人となります

住宅ローンの審査においては申し込んだ人の個人信用情報を調査することになりますが、連帯保証人がつく場合、連帯保証人の個人信用情報も調査の対象となります。
ということは住宅ローンを申し込む人だけでなく、連帯保証人の借金も問題になるということです。
住宅ローンを申し込む人が仮にまったく他の借金がない場合でも、連帯保証人の借金の内容によっては住宅ローンの審査が通らない可能性があるということです。

時々耳にするのが住宅ローンを夫が申し込み、妻が連帯保証人がなる場合で、夫にはこれといって借金がないにもかかわらず、妻が夫に内緒で消費者金融から借金があり、これが原因で住宅ローンの審査が通らない場合です。
住宅ローンの事前審査段階では連帯保証人を要求されなくても、本審査の段階で連帯保証人をつけることが条件とされる場合があります。
思わぬところで落とし穴がありますから注意してください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと借金
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.