住宅ローンの審査と妻の借金

ホーム住宅ローンと家族の借金>住宅ローンの審査と妻の借金

住宅ローンの審査において収入や他の借金状況などが問題となるのは、住宅ローンを申し込んだ本人の他には、連帯保証人が必要な場合の連帯保証人です。
住宅ローンの申込人と連帯保証人以外の人は、たとえ家族であっても審査対象とは一切なりません。

よく見られる心配事に、夫に内緒で借金をしている妻の例があります。
この場合、住宅ローンを申し込む人が夫だけで、妻が連帯保証人とはならない場合は、妻の借金は住宅ローンの審査には何ら関係ありません。
ご安心ください。
そして妻が連帯保証人となるケースは、妻が収入合算者となる場合と、購入する住宅の名義が夫と妻の共有名義になる場合にほとんど限られます。





ただ妻の借金に関して1つ注意点があります。
それはクレジットカードの家族カードです。
例えば夫がクレジットカードを契約し、夫は夫のクレジットカードを所有するとともに、妻は夫のクレジット契約の範囲内で夫とは別のクレジットカードを所有することが出来ます。
このケースで妻が保有するクレジットカードのことを家族カードと呼んでいます。

家族カードの表には妻などの家族の氏名が印字されていますから、夫とはまったく別の妻だけのカードのように見えます。
しかしこれはあくまでも夫のクレジットカード契約を基に発行されているものです。
このような家族カードを利用した場合、使用したのはあくまで妻であっても、それは夫が使用したとの同じ効果をもたらしています。

したがって妻が家族カードを使用してクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用した場合、それは夫の借金そのものなのです。
この点にはご注意ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達