申込みブラックとは


2014年07月07日

ホーム個人ローンの審査>申込みブラックとは

申込みブラックとは短期間のうちに連続して複数の申込みを行ったためにローン等の審査に通らないことを言います。
もちろん申込みブラックという用語が銀行等金融業界で使われているわけではありませんが、短期間のうちに連続して複数の申込みを行うと審査に通らないのは事実です。
ローン等の申込みを行うと、その都度個人信用情報に申し込みの事実が登録されます。
ローンの審査時には必ず個人信用情報に申し込み情報の登録とともに既存の情報の照会が行われますから、短期間のうちに複数の申込みをしていることが銀行等ではわかるわけです。

そして短期間に複数の申込みを行っている事実は「よほどお金に困っている」とか「借りれるだけ借りようとしている」「借りれるところから片っ端から借りようとしている」などとにかくネガティブなイメージを持つだけです。
これでは本来なら審査にとおる場合でも審査を否決としてしまいます。
どの程度連続して申し込みをするといわゆる申込みブラックとなるかは金融機関によって基準は異なりますが、3社程度から該当するものと考えてください。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%