妻が自己破産したら夫の住宅ローンは無理ですか

更新日:

ホーム住宅ローンと自己破産>妻が自己破産したら夫の住宅ローンは無理ですか

妻が自己破産しても、夫の収入だけで住宅ローンを申込み、購入物件の名義も夫だけの場合は妻のことはまったく住宅ローンの審査には関係ありません。
みなさんがよく心配されるケースとしては、住宅ローンの申込みにおいて家族のことまでも調べられるのではないかということですが、住宅ローンの審査において信用状態を調査する対象は住宅ローンの申込人本人と連帯保証人だけです。

住宅ローンの借入可能額を多くするために夫の収入だけでなく妻の収入も合算して住宅ローンを申し込んだり、購入物件を夫と妻の共有名義とする場合には、その妻を銀行は連帯保証人として徴求します。
連帯保証人となると銀行はその人の信用情報も調査することになりますから、妻が自己破産してから少なくとも10年以内は住宅ローンの利用が困難となります。

夫の収入だけで、かつ購入物件の名義は夫だけの場合で住宅ローンを申し込む場合は、妻の自己破産歴の問題は住宅ローンの審査にはまったく関係ありませんからご安心ください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと自己破産
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.