妻が自己破産したら夫の住宅ローンは無理ですか


ホーム住宅ローンと自己破産>妻が自己破産したら夫の住宅ローンは無理ですか

妻が自己破産しても、夫の収入だけで住宅ローンを申込み、購入物件の名義も夫だけの場合は妻のことはまったく住宅ローンの審査には関係ありません。
みなさんがよく心配されるケースとしては、住宅ローンの申込みにおいて家族のことまでも調べられるのではないかということですが、住宅ローンの審査において信用状態を調査する対象は住宅ローンの申込人本人と連帯保証人だけです。

住宅ローンの借入可能額を多くするために夫の収入だけでなく妻の収入も合算して住宅ローンを申し込んだり、購入物件を夫と妻の共有名義とする場合には、その妻を銀行は連帯保証人として徴求します。
連帯保証人となると銀行はその人の信用情報も調査することになりますから、妻が自己破産してから少なくとも10年以内は住宅ローンの利用が困難となります。

夫の収入だけで、かつ購入物件の名義は夫だけの場合で住宅ローンを申し込む場合は、妻の自己破産歴の問題は住宅ローンの審査にはまったく関係ありませんからご安心ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト