カードローン契約中の住宅ローン審査について

ホーム住宅ローンとカードローン>カードローン契約中の住宅ローン審査について

住宅ローンの審査においてカードローンについては実際に使用していなくても、カードローンの限度額一杯まで使用しているものとして審査が行われます。
カードローンが住宅ローンの審査に差支えがあるかどうかは、収入水準や返済額等によって異なってきますので一概に言えません。
カードローンの契約があるままでも住宅ローンが希望額まで受けられる人もありますし、逆にカードローンの契約が影響し住宅ローンが受けられない、あるいは希望額に届かないといった人もいます。
いざという時のためにカードローンを持っておきたいということであれば、住宅ローンの申し込む前にあえて解約する必要はありません。
まずは銀行等に住宅ローンの相談をしてみてください。
カードローンの契約があっても支障がないこともありますし、逆にカードローンの解約が条件で住宅ローンの審査が進められることもあります。
カードローンの契約が住宅ローンの審査に支障が出ることが分かった時点で、カードローンを解約すれば良いのです。




◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。