カードローン契約中の住宅ローン審査について


2014年07月24日

ホーム住宅ローンとカードローン>カードローン契約中の住宅ローン審査について

住宅ローンの審査においてカードローンについては実際に使用していなくても、カードローンの限度額一杯まで使用しているものとして審査が行われます。
カードローンが住宅ローンの審査に差支えがあるかどうかは、収入水準や返済額等によって異なってきますので一概に言えません。
カードローンの契約があるままでも住宅ローンが希望額まで受けられる人もありますし、逆にカードローンの契約が影響し住宅ローンが受けられない、あるいは希望額に届かないといった人もいます。
いざという時のためにカードローンを持っておきたいということであれば、住宅ローンの申し込む前にあえて解約する必要はありません。
まずは銀行等に住宅ローンの相談をしてみてください。
カードローンの契約があっても支障がないこともありますし、逆にカードローンの解約が条件で住宅ローンの審査が進められることもあります。
カードローンの契約が住宅ローンの審査に支障が出ることが分かった時点で、カードローンを解約すれば良いのです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%