カードローン契約中の住宅ローン審査について

投稿日:

ホーム住宅ローンとカードローン>カードローン契約中の住宅ローン審査について

住宅ローンの審査においてカードローンについては実際に使用していなくても、カードローンの限度額一杯まで使用しているものとして審査が行われます。
カードローンが住宅ローンの審査に差支えがあるかどうかは、収入水準や返済額等によって異なってきますので一概に言えません。
カードローンの契約があるままでも住宅ローンが希望額まで受けられる人もありますし、逆にカードローンの契約が影響し住宅ローンが受けられない、あるいは希望額に届かないといった人もいます。
いざという時のためにカードローンを持っておきたいということであれば、住宅ローンの申し込む前にあえて解約する必要はありません。
まずは銀行等に住宅ローンの相談をしてみてください。
カードローンの契約があっても支障がないこともありますし、逆にカードローンの解約が条件で住宅ローンの審査が進められることもあります。
カードローンの契約が住宅ローンの審査に支障が出ることが分かった時点で、カードローンを解約すれば良いのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンとカードローン

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.