住宅ローンの審査が厳しい理由

ホーム住宅ローンの審査>住宅ローンの審査が厳しい理由

住宅ローンは個人向け融資商品の中でもっとも審査が厳しいことはご存じのことと思いますが、なぜ住宅ローンの審査が厳しいのかを改めて確認しておきましょう。
お金を貸す、つまり与信という側面から言えば住宅ローンもクレジットカードの発行と同じです。
しかしクレジットカードの発行と異なり住宅ローンはさらに厳しい審査基準となっています。
これはクレジットカードと異なり住宅ローンが数千万円の大金を貸すローンであることに加え、完済まで数十年といった長期に渡る与信となるからです。
完済まで超長期を要し、かつ大金を貸すから住宅ローンの審査は厳しくなるわけです。
このような厳しい住宅ローンの審査を通過するのに有利な条件としていくつかを次に掲載しておきます。
これらの条件に1つでも当てはまらない事柄があれば直ちに住宅ローンの審査が通らないというわけではありませんが、該当しない条件があればそれを事前に補完しておくことが望ましいと言えます。

住宅ローンの審査に通る基本的条件
1. 給与所得者であり職場の健康保険・社会保険の被保険者であること
2. 勤続年数が、1年から3年以上であること
3. 申し込み時、年齢が60歳未満であること
4. 保証会社の保証を受けることができること
5. 年収に対する年間返済額の割合がおおむね30%以内であること
6. 全ての借入金の返済に遅れがないこと

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。