住宅ローンに通るクレジットカードの使い方


2014年08月08日

ホーム住宅ローンとクレジットカード>住宅ローンに通るクレジットカードの使い方

クレジットカードは多くの人が保有し、また実際に利用しています。
住宅ローンの審査においてもクレジットカードを持っていること自体がマイナスに働くことはありません。
住宅ローンの審査で問題になるのはそのクレジットカードの使い方です。
住宅ローンの審査では必ず個人信用情報が照会されます。
そしてこの個人信用情報にクレジットカードの使用状況が登録されています。
クレジットカードの代金返済は通常、銀行口座からの引き落としで行われます。
銀行口座に入金するのを忘れた場合、それは延滞を意味します。
安易な気持ちで引き落としの翌日以降に入金すれば、クレジットカードの代金引き落としは行われますが、それは延滞として個人信用情報に登録されます。
個人信用情報を照会した結果、延滞情報が登録されていれば、それだけで住宅ローンの審査は通過が厳しくなるものとお考えください。

住宅ローンは超長期のローンですから、何よりも申し込みをされた人のお金に対する態度を見ています。
何度もクレジットカードの引き落としが遅れている、たとえそれが1日だけの遅れであっても「お金にだらしない人」と住宅ローンの審査では考えます。
とにかくお金にきちんとしている人が住宅ローンの利用条件の大前提なのです。
クレジットカードの利用状況はその人のお金に対する態度を推測する良い材料として住宅ローンの審査では利用されているのです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%