住宅ローンを組むにあたって、妻が保証人にならなければいけないことはあるのでしょうか?


2014年08月19日

ホーム住宅ローンと連帯保証人>住宅ローンを組むにあたって、妻が保証人にならなければいけないことはあるのでしょうか?

質問
住宅ローンを組むにあたって、銀行の住宅ローンを使って借入をしようと思っています。
私の年収は1000万円で金融事故等もございません。
この場合、銀行の保証協会で連帯保証人に妻をと求められることはあるのでしょうか?
妻は専業主婦で、住宅ローンを組むにあたり一切の連帯保証人になりたくないと言っています。
住宅ローンを組むにあたって、妻が保証人にならなければいけないことはあるのでしょうか?

回答
多くの住宅ローンは住宅ローン保証会社の保証を利用しますから、原則として借入本人以外の人を連帯保証人に求めることはありません。
ご質問の奥様が連帯保証人になることも原則としてありません。
例外として奥様が連帯保証人になることが求められる主なケースとしては、
1.今回購入される不動産の所有者が奥様との共有となるケース
2.奥様を収入合算者として住宅ローンを申し込むケース
の2ケースです。
奥様は専業主婦ということですので、上記の2のケースが対象外になるかと思います。
従いまして自宅の名義がご本人のみで取得される場合には奥様が連帯保証人になることはありません。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%