信用保証協会の保証余力はあるか?


2014年09月17日

ホーム銀行融資審査マンの心理>信用保証協会の保証余力はあるか?

銀行融資、特にプロパー融資を検討する際には融資先の資金繰りが当面維持出来るかどうかが1つの判断ポイントとなります。
当面の資金繰りが維持出来る見通しが持てれば、融資の返済が問題なく行われる可能性が高いと考えることができ、融資を前向きに検討することが出来ます。
この資金繰りが当面維持出来るかどうかを検証するにあたって、信用保証協会の保証余力は1つの大きなポイントです。
信用保証協会の保証余力とは、信用保証協会から追加の保証が得られることであり保証があれば当行、他行を問わず、この融資先はその保証により銀行から追加の資金調達が出来る可能が極めて高いと判断出来ます。
プロパー融資を行った後、融資先の資金繰りが悪化しても信用保証協会の保証付融資により資金繰りが改善し、返済が続けられると考えることが出来ます。
逆の言い方をすれば信用保証協会の保証余力があれば、プロパー融資のしやすくなるということです。
このことは信用保証協会の保証余力がなければ、その融資先は当面は信用保証協会の保証付融資が受けられないことを意味ますから、銀行から見てリスクの高いプロパー融資は慎重にならざるを得なくなるのです。

信用保証協会の保証枠には一定の限度があります。
その限度額は融資先の業績や規模等によって一律ではなく、なかなか融資先自身では判断がつかないところですが、直接、あるいは取引銀行経由で信用保証協会に保証余力を問い合わせることが可能です。
ある程度、信用保証協会の保証余力を残しておくことはプロパー融資を含めてスムーズな資金調達を行う上での「テクニック」となります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%