消費者金融から借金があると住宅ローンが利用できない本当の理由


ホーム住宅ローンと消費者金融>消費者金融から借金があると住宅ローンが利用できない本当の理由

消費者金融に借入があるとほぼ100%の割合で住宅ローンの利用は困難です。
住宅ローンの利用が困難な究極の理由は信用力がないことです。

消費者金融というのは個人が借入するローン商品の中ではもっとも金利が高いのが一般的です。
銀行ローンに比べて手続きが簡単だということもあるかもしれませんが、金利が高い借入をすることは一般的にはお金に困っていることをあらわしています。
またお金にルーズだという印象ももたれがちです。

そして住宅ローンは20年とか30年とか非常に長期間にわたって返済を続けなければならない銀行ローンです。
貸す側の銀行にしてみれば、より信用力のある最後まで返済を続けてくれる信頼が持てる個人の方に融資をしたいと考えます。

その点消費者金融からの借入がある場合、銀行はあなたのことを信用してくれないのです。
住宅ローンの利用を考えているのであれば、何はともかく消費者金融からの借入を整理することが非常に大切なのです。

※住宅購入にも使える不動産担保ローン


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト