信用保証協会の創業融資利用直後の日本政策金融公庫の利用について


2014年09月23日

ホーム起業・創業融資の申込み>信用保証協会の創業融資利用直後の日本政策金融公庫の利用について

質問
先日、信用保証協会の創業者融資で運転資金500万の融資を受けることが出来ました
しかし、もう少し余裕を持った計画にしたいため、この度信用保証協会へ提出した内容と同様のものを日本政策金融公庫へ申し込みして、融資をもう一度申請しようか迷っています。
この件が、もし今回の融資先である金融機関に知られたら信用をなくす場合もあるという話も聞きまして非常に困っております。
実際のところどうでしょうか?

回答
創業時の必要資金を信用保証協会保証付の創業融資や、日本政策金融公庫の創業融資を受けるケースは少なくありません。
銀行としても上記2ケースの融資を同時に、あるいは相前後して利用することに対しては特段マイナスのイメージは持ちません。
もちろん日本政策金融公庫で再び創業融資を利用したからといって、信用保証協会の保証付融資を借入している銀行から信用をなくすようなことはありません。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%