昔、消費者金融の利用があると二度と住宅ローンは無理ですか?


ホーム住宅ローンと消費者金融>昔、消費者金融の利用があると二度と住宅ローンは無理ですか?

消費者金融を一度でも利用したことがあると二度と住宅ローンが利用できないのか?というお問い合わせをいただくことがありますが、二度と住宅ローンが利用できないことはありません。

時々経験者の話として「昔、消費者金融を利用したことがあると数十年経っても住宅ローンが利用できない」などという話を聞くことがありますが、そんなことはありません。

昔、消費者金融を利用したことがあっても次の2つの条件を満たせば住宅ローンの利用は可能です(わかりやすくするためにその他の条件はすべてOKであることを前提とします)。

1.消費者金融の借入を完済しただけでなく解約していること
2.解約してから5年以上が経過していること

まず1の条件ですが、完済しただけではまだいつでも利用可能な状態にあります。
残高がゼロであっても解約していなければ住宅ローンの審査上は消費者金融の利用があるものとみなされます。
必ず解約手続きをして、利用できない状態にすることが大切です。

つぎに2の条件ですが、消費者金融を解約しても解約後5年間は個人信用情報に過去の利用が登録されています。
したがって解約後5年未満の状態では銀行などは過去、消費者金融の利用があったことを知ることが出来ます。
解約後5年が経過した時点で、消費者金融の利用情報はすべて抹消されます。
こうなれば銀行などが消費者金融の利用があったことを知ることはありません。

上記の「数十年経っても住宅ローンが利用できない」というのは消費者金融の利用有無だけではなく、その他審査条件に抵触したからだと考えられます。

※住宅購入にも使える不動産担保ローン


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト