住宅ローンの審査では過去の借金の返済状況を重視しています

更新日:

ホーム住宅ローンと借金>住宅ローンの審査では過去の借金の返済状況を重視しています

住宅ローンの申込みにおいては他の借金のことが気になると思いますが、この場合、現在借金があるかないかだけでなく過去に借金があったかどうかを気にする必要があります。
そして住宅ローンの審査においては現在借金があるかないかも大切ですが、その借金の返済状況が審査の大きなポイントとなります。
それは簡単に言えば、過去延滞があったかどうかです。

延滞があったかどうかは個人信用情報で銀行は調査することになります。
ところで1日や1週間延滞した場合でも個人信用情報に登録されるかどうかですが、おそらく登録はされません。
このあたりは各金融機関やカード会社によって取扱が異なりますが、3ヶ月の延滞が発生すれば個人信用情報に登録されるケースが多いと思います。
したがって数日程度の延滞はそれほど気にする必要はありません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと借金
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.