クレジットカードの保有が住宅ローンの審査に与える影響


ホーム住宅ローンとクレジットカード>クレジットカードの保有が住宅ローンの審査に与える影響

クレジットカードの保有が住宅ローンの審査にどのように影響していると思いますか?
ご存知のとおり、住宅ローンの審査においては住宅ローン以外の借入がどれくらいあるかによって住宅ローンの審査が通らなかったり、審査は通ったとしても希望通りの金額に至らないケースがよくあります。

多くのクレジットカードには一般的にショッピング枠のほかにカードローンとしての機能やキャッシング機能があわせて付与されています。
ショッピングの分割払いを目的にクレジットカードを作っても、自動的にそのクレジットカードにはカードローンやキャッシング機能がついてきます。

管理人である私も複数枚のクレジットカードを保有しており、すべてのカードにカードローン機能とキャッシング機能がついています。
これらの機能をすべてあわせると、実に数百万円のカードローン枠とキャッシング枠があります。

ところでこのクレジットカードに付いているカードローン枠やキャッシング枠は住宅ローンの審査においてはどのように扱っていると思いますか?
金融機関や住宅ローンの保証会社において違いはあると思いますが、私の経験則上、一度も使ってない(あるいは使った形跡のない)クレジットカードのカードローン枠やキャッシング枠は借入金に含めていません。

逆に使用しているカードローン機能やキャッシングは当然借入金として審査しています。

つまりクレジットカードを保有し、ショッピング機能だけを利用している場合は、カードローン枠やキャッシング枠は借入金として見ていませんので、どれだけカードローン枠やキャッシング枠があったとしても、使用していなければ住宅ローンの審査にはマイナス材料とはしていないケースが多いと思います。
ですからわざわざ解約手続をする必要はありません。
ご安心を。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト