住宅ローンと家族カード

更新日:

ホーム住宅ローンとクレジットカード>住宅ローンと家族カード

ここでは主人が住宅ローンを申し込むにあたり、私(妻)が使用しているクレジットカードが主人の住宅ローンの審査に影響するかどうかという点に関連した記事です。

この場合、2つのケースに分けて説明します。
まず最初は主人名義のクレジットカードとは別に奥さん自身が契約したクレジットカードを利用している場合です。
この場合は住宅ローンを申し込むのはあくまで主人だけで、奥さんは担保提供者や連帯保証人にはならない場合は、銀行は奥さんの個人信用情報を照会することはありませんから、奥さんのクレジットカード使用状況は主人の住宅ローン審査には何ら影響を及ぼしません。

もっとも多い住宅ローン申込みのパターン、つまり購入する不動産の所有名義は主人単独で、主人だけで住宅ローンを申し込む場合は、奥さんの信用情報は住宅ローン審査には何ら関係ありません。
したがって奥さん自身が契約したクレジットカードの利用状況は主人の住宅ローン審査には関係ありません。

問題となるケースは妻が主人の家族カードを利用している場合です。
ここで家族カードについて簡単に整理しておきます。
クレジットカードの家族カードというのは、主人の本契約のクレジットカードのほかに妻などの家族名義のクレジットカードもあわせて発行し、主人は主人名義のクレジットカードを、妻は妻名義のクレジットカードをそれぞれ保有し使用することを言います。

この場合は妻が使用するのはあくまでも妻名義のクレジットカードなのですが、それは妻の信用状態を審査した上でカードが発行されているのではなく、あくまでも主人の信用状態を審査した上で発行されているカードです。
妻が使用する妻名義のカードはあくまでも主人名義のカードの分身なのです。

したがって妻名義のカードはあくまでも主人の信用を背景に発行されているものですから、妻名義のカードの使用状況は主人の信用状況に反映します。
よって妻が妻名義の家族カードを使用している場合は、主人の住宅ローン審査に直接影響を及ぼします。

妻名義の家族カードを使用していなければ何ら問題はありませんが、使用している場合は主人に一言伝えておかないと、住宅ローンの審査時に無用の夫婦間のトラブルを引き起こしかねません。



-住宅ローンとクレジットカード
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.