住宅ローンの金利優遇条件としてのクレジットカード

更新日:

ホーム住宅ローンとクレジットカード>住宅ローンの金利優遇条件としてのクレジットカード

住宅ローンの金利を優遇してもらえる条件として、その銀行系列のクレジットカードの保有があります。
金利が安くなるならと、クレジットカードの申込みをされる方も多いと思います。

ところで既に他社のクレジットカードを持っていて、こちらを主に利用されている場合、金利優遇のために作成したクレジットカードは不要ですから解約を検討される場合も多いと思います。
ここで問題なのは、金利優遇の条件として作成したクレジットカードを解約した場合、金利優遇がなくなるのでしょうか?

多くの銀行では金利優遇の条件は住宅ローンの契約時を基準としているところが多いと思います。
私の勤務先の銀行も同じです。
金利優遇の条件を住宅ローンの契約時を基準としている場合は、その後クレジットカードを解約しても金利優遇は継続されます。
あくまでも住宅ローンを契約したときクレジットカードを保有しているか(あるいは同時申込み)どうかで金利優遇を判断しているのです。

一方で中には住宅ローン利用中はずっとクレジットカードを保有していることが金利優遇の条件としている銀行もあります。
この場合は、クレジットカードを途中で解約すれば、その後は住宅ローンの金利優遇は受けられなくなります。

住宅ローンの金利優遇の条件としてはこのクレジットカードのほかに、公共料金の引落や給与振込などがありますが、これらについても同じことが言えます。

ご自身の場合はどちらのパターンかはご利用されている銀行に質問してみてください。
それほどいやな顔はされないと思いますし、不利益になることは一切ありません。



-住宅ローンとクレジットカード
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.