投融資残高が増えていると融資がしづらい

投稿日:

ホーム銀行融資審査マンの心理>投融資残高が増えていると融資がしづらい

あるソフト開発会社に対する事例でした。
当社より融資の相談があり検討しましたが、結果として融資には応じることが出来たものの融資金額が希望額に満たないものでした。
その理由は直近期の決算書の投融資残高が増加していることが原因でした。
銀行は原則として投融資を使途とする融資は行っていません。
それは投融資がその会社の事業に関わることに直結しませんし、投融資自体がリスクを伴うものだからです。

投融資残高が増えていると、仮に運転資金としての融資申込であっても「また投融資資金に利用されるのではないか」といった懸念がありますから融資には慎重になるのです。
投融資残高が増えていても、現預金残高も増えていれば収益の範囲内で行ったものと考えることも出来ますが、現預金残高が減っていればやはり融資が回りまわって投融資に仕向けられたと考えることが出来ます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資審査マンの心理

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.