不動産融資の金額は原則として担保評価額の範囲内

ホーム銀行融資の審査に関すること>不動産融資の金額は原則として担保評価額の範囲内

一般企業や不動産業が不動産を取得するために必要な銀行融資の金額は原則として銀行の担保評価額の範囲内となります。
例えば不動産の売買金額が1億円で銀行に1億円の融資を申し込んだ場合において、銀行の当該不動産の担保評価額が8,000万円であれば、原則として銀行融資の金額は最大で8,000万円となります。
これは不動産融資の場合、購入する不動産の保全(担保設定)のみで融資をカバーするという考え方から来ています。

もっともこの融資額が担保評価額の範囲内というのはあくまでも原則であって、申込をした企業の業績等の内容によって異なってきます。
当該企業の業績が順調で、他の不動産を保有しておりその他の不動産に担保余力が認められるなどの材料があれば、銀行は担保評価額を超えて融資に応じることもあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。