クレジットカードの引き落しが数日遅れたが住宅ローンは大丈夫?

更新日:

ホーム住宅ローンとクレジットカード>クレジットカードの引き落しが数日遅れたが住宅ローンは大丈夫?

クレジットカードの返済は通常は銀行口座からの引落しです。
ところが引き落し当日までに入金することを忘れてしまい、あわてて数日後に入金し引き落としになったというご経験はありませんか?
管理人である私も経験あることです。

ではクレジットカードの引き落しの入金を忘れたことが、住宅ローンの審査に影響するのでしょうか?
引き落しを忘れたのが数日程度で、忘れた回数も2,3回程度であればまず問題ないと考えられます。

よく言われるブラックリストの件ですが、ブラックリストと呼ばれるものはこの世の中に存在しませんが、延滞情報と呼ばれるものは個人信用情報機関に存在します。
この個人信用情報機関に延滞情報が登録されていると、住宅ローンの審査が通過することは難しくなります。

ではこの延滞情報はどれくらい延滞すれば登録されるのでしょうか?
答えは61日以上の延滞が登録されます。
つまりクレジットカードの支払いが2ヶ月以上延滞した場合に、延滞情報として個人信用情報機関に登録されるのです。
この延滞情報は一度登録されると、延滞が解消してから5年間は登録されつづけます。
したがって2ヶ月以上の延滞をした経験がある場合は、その延滞が解消してから5年間は住宅ローンを利用することが難しいと考えねばなりません。

それでは数日程度引き落しが遅れた程度なら、まったく問題がないというと必ずしもそうではありません。
クレジットの利用状況、つまり請求額や入金履歴も登録されることになっていますから、数日程度引き落しが遅れた情報も登録されます。
したがって数日程度遅れたのが2,3回程度であれば、「入金を忘れたんだ」と住宅ローンの審査担当者も考えることが出来ますが、2,3回程度ではなく、何回も遅れている場合は「ただ単に入金し忘れとは考えられない」と住宅ローンの審査担当者が感じても不思議ではありません。

気になる場合はご自身の個人信用情報を照会してみてください。
クレジット関連の情報は(株)シー・アイ・シーと(株)シーシービーの2つの個人信用情報機関が保有しています。
この2つの機関に照会すれば、ご自身のクレジット情報を確認することが出来ます。

(株)シー・アイ・シー
(株)シーシービー

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンとクレジットカード
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.