銀行融資の基本

返済のための資金の融資を受けることはよくあることです

ホーム運転資金に関すること>返済のための資金の融資を受けることはよくあることです

返済のための資金を新たに融資を受けることは中小企業においてはよくあることです。
返済のために新たな融資をよく「自転車操業」と呼びますが、中小企業においては必ずしも「自転車操業」には当てはまりません。
とくに資金使途が運転資金の融資の返済のために新たな融資を受けることはよくあることであり、自転車操業とは言えません。
なぜなら運転資金というのはその性格上、事業を続けている限り常に必要となる資金です。
そしてその運転資金をすべて自己資金にて賄えるような中小企業はほとんどなく、大半が銀行等から融資を受けて資金を回しています。
一方で銀行等からの運転資金融資の多くは毎月の返済付きとなっています。
運転資金は常時必要なのに、融資の返済が毎月発生するということですから、理論的にはその返済が進んだ分だけ運転資金用の資金が減少することになります。
したがって資金繰りを安定させるためには少なくとも返済が進んだ分だけ、新たに銀行等から運転資金の融資を受けることは自然なことなのです。

これが設備資金の返済のために新たな融資ということになると、その設備投資が妥当だったのかどうか等の検討が必要となってきますが、運転資金は別です。
ですから銀行等に運転資金の追加融資を相談することは決してマイナスとは言えないのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.