返済のための資金の融資を受けることはよくあることです

ホーム運転資金に関すること>返済のための資金の融資を受けることはよくあることです

返済のための資金を新たに融資を受けることは中小企業においてはよくあることです。
返済のために新たな融資をよく「自転車操業」と呼びますが、中小企業においては必ずしも「自転車操業」には当てはまりません。
とくに資金使途が運転資金の融資の返済のために新たな融資を受けることはよくあることであり、自転車操業とは言えません。
なぜなら運転資金というのはその性格上、事業を続けている限り常に必要となる資金です。
そしてその運転資金をすべて自己資金にて賄えるような中小企業はほとんどなく、大半が銀行等から融資を受けて資金を回しています。
一方で銀行等からの運転資金融資の多くは毎月の返済付きとなっています。
運転資金は常時必要なのに、融資の返済が毎月発生するということですから、理論的にはその返済が進んだ分だけ運転資金用の資金が減少することになります。
したがって資金繰りを安定させるためには少なくとも返済が進んだ分だけ、新たに銀行等から運転資金の融資を受けることは自然なことなのです。

これが設備資金の返済のために新たな融資ということになると、その設備投資が妥当だったのかどうか等の検討が必要となってきますが、運転資金は別です。
ですから銀行等に運転資金の追加融資を相談することは決してマイナスとは言えないのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。