運転資金借入の返済が進んだのでまた融資を受けたい


2015年01月25日

ホーム事例別銀行融資の相談方法>運転資金借入の返済が進んだのでまた融資を受けたい

運転資金というのは事業を継続する上で必ず発生する資金負担です。
仮に売上が一定であれば、常に同じ金額の運転資金が必要となります。
一方で銀行が中小企業向けに行う運転資金融資は毎月の返済付の形態が大半を占めています。
したがって必要な運転資金が変わらないとすると、運転資金借入の返済が進んだ分は運転資金が不足するということになります。
そのために過去に借入した運転資金融資の返済が進んだため、その進んだ分の融資を追加で受けたいというニーズは自然なことです。
銀行としても基本的には返済が進んだ分は追加融資に応じるのが基本姿勢です。

この種の融資で審査のポイントになるのは足許の業績です。
特に売上の動向について問題になります。
というのは基本的に必要な運転資金というのは売上の増減によって変動するからです。
売上が増えれば必要な運転資金は増加しますし、売上が減少すれば必要な運転資金も減少します。
そのためいくら過去の運転資金融資の返済が進んだとはいえ、足許の売上が減少しているのであれば、必要な運転資金も減少しているわけですから追加の融資は必要ではないのではということになります。

売上が横ばい、あるいは増加しているのであれば運転資金の追加借入は比較的容易に受けられます。
逆に売上が減少しているのであれば、運転資金というよりも売上減少に伴う資金繰りの補完、あるいは赤字補てんのための資金と銀行は基本的に考えます。
ですからこのような場合には今後の見込みについて足許の受注状況などを示しながら銀行に説明することが必要になってきます。
最近の試算表と月別売上高、そして受注状況を一覧にしたものを準備して銀行に相談してください。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%