銀行融資用語集 流動保全

投稿日:

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 流動保全

流動保全とは正式担保には取っていない当座預金や普通預金を代表とする流動性預金のことを言います。
これら流動性預金は正式担保ではありませんが、銀行にとっていざという時に引き出しをストップさせて融資の返済に充当することが出来ます(もちろんこのようなことを行うには一定の条件があり、どのような場合でも行うわけではありません)。
そのために流動性預金の残高が多ければ多いほど、銀行としてはその取引先に対して安心して融資が出来る可能性が高まります。
不動産などに代表される担保はないものの、流動保全を見ることが出来るから無担保扱いにて融資を行うという判断はよく行っています。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資用語集

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.