クレジットカードのキャッシングは住宅ローンの審査上不利です


ホーム住宅ローンとクレジットカード>クレジットカードのキャッシングは住宅ローンの審査上不利です

クレジットカードには一般的なショッピング枠とともにキャッシング枠が設けられています。
手元に現金がない場合に一時的・緊急的な場合には便利な機能なのですが、住宅ローンを将来考えている方は極力使用しないことを強くおすすめします。

クレジットカードのキャッシングと消費者金融はほぼ同じ

住宅ローンの審査の立場から見ると、クレジットカードのキャッシングは消費者金融の利用とほぼ同じマイナス材料になります。
キャッシングはあくまでもクレジットカードの機能の一部であり決して消費者金融ではありませんが、クレジットカードのキャッシングの金利がほぼ消費者金融の金利と同じことが表しているように、双方の意味合いはほぼ同じと考えてください。

キャッシングを利用しているだけで住宅ローンが通らないことも

住宅ローンの審査においてクレジットカードのキャッシングに対する取扱は銀行によって異なりますが、キャッシングを利用している事実があるだけで住宅ローンの審査が通らない場合も決して少なくありません。
ちょっとだけの安易な気持ちで後々足を引っ張ることになります。

キャッシング枠の閉鎖がおすすめ

クレジットカード会社に申告すればキャッシング枠を閉鎖することが可能です。
住宅ローンの利用有無に関わらず、キャッシング枠を設定しないことを経済的にもおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト