銀行預金の差押と持っているクレジットカードへの影響


ホームクレジットカード全般>銀行預金の差押と持っているクレジットカードへの影響

質問
外国人のものです。
市民税と保険の滞納で銀行から差し押さえされました。
その後当銀行で作った生体認証クレジット機能付きキャッシュカードをクレジット機能(visa)を解約されてキャッシュカードのみに作り直せてと言われました。
クレジット滞納やローン、キャッシングも利用したことありません。
解約された銀行と提携してるクレジット会社でキャッシュカード付きじゃない(JCB ,amex)とかも持ってます。
もし銀行と提携してる会社のvisa,jcb,amex 使えなくなると他社のvisa,jcb,amex とかも使えなくなりますか???
私心配なのが他社のVisa ,amex,Jcb とかも利用できなくなる事です。

回答
税金と保険の滞納により銀行預金が差し押さえられたということですね?
預金の差押という事実は与信管理において重大事項として受け止められます。
銀行では債務者本人への預金の差押があれば、債務者に何らの手続きを要することなく直ちに債務者宛に銀行が有している債権、たとえば融資の全額返済を求めることが出来る規定になっています。
クレジットカードはその銀行自身の商品ではありませんが、差押の事実を銀行が知った以上は提携しているクレジットカードの機能を停止することになります。
つまり単なるキャッシュカードへの切り替えということになります。

ご心配されているその他のクレジットカードへの影響ですが、基本的には何ら影響はないと思います。
なぜなら銀行預金の差押の事実は差押をした債権者と銀行のみが知ることです。
他のクレジットカード会社に銀行が知らせるということは行いませんので、他のクレジットカード会社は銀行預金差押の事実を知りません。
そのためにクレジット機能を停止するというような手段は取らないというか、取りようがないはずです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト