日本政策金融公庫または信用保証協会融資について


2015年02月10日

ホーム銀行融資と経営者の関係>日本政策金融公庫または信用保証協会融資について

質問
はじめまして、メールにてのご相談よろしくお願いします。
私は零細企業(新築・リフォーム会社)の代表をしております。
設立3年になりますが1~2年目は赤字で今期は少し黒字になりましたが財務状況も悪く銀行からの融資はまず無理だと考えて日本政策金融公庫か信用保証協会付融資を考えてます。金額は500万円です。
ここからが本題なんですが私自身がどうしようもない所謂、ブラックリストでして10年位前の個人の借金を現在も払ったり払わなかったりでローン・クレジット関係一切通りません。
このような状態で申し込みするのは無謀だと思いますが他に何か方法がありますでしょうか?

回答
会社としてはじめて融資を受けるとなれば、ご指摘の日本政策金融公庫や信用保証協会の保証付にて銀行から融資を受けるのが最適です。
実際、設立後間もない会社の多くが上記2つによる資金調達を利用されています。
ただし初めての利用となると代表取締役の個人信用情報が審査の対象となります。
そしてその個人信用情報に延滞等の事故情報が掲載されていると、その時点で審査は否決となってしまうのが現実です。

まずは個人の債務を正常化することが近道です。
ノンバンク等他の資金調達方法は存在するとは思いますが、おすすめしません。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%