銀行融資用語 調達余力



ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語 調達余力

調達余力とは債務者があとどの程度資金が調達、つまり借入出来るのか、その可能性のことを言います。
そして銀行融資の審査においては融資先の調達余力は大きな審査ポイントとなっています。
なぜかというと、融資先にきちんと融資を返済してもらうには、とにかく資金繰りが続くことが不可欠です。
資金繰りがショートしてしまえば、その時点で融資先は事業停止となってしまう可能性が高く、そうなってしまえば返済どころではありません。
この点においてまだ資金調達出来る余力があれば、融資先の資金繰りが維持され返済が継続出来ます。
このために資金調達余力は審査のポイントとなっているのです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。