会社オーナーの住宅ローン

更新日:

ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>会社オーナーの住宅ローン

会社のオーナーが住宅ローンを借入する場合、その個人の収入状況だけでなく、会社の財務内容も審査の対象となります。
これは会社のオーナー=会社と見ているからです。

普通の会社員の場合、勤務先の会社の資金繰りの都合で、その会社員が会社にお金を貸し付けることはほとんどありません。
しかし会社のオーナーの場合、多かれ少なかれ会社の資金繰りの都合上、オーナーの給与支払を遅らせたり、会社に個人資金を貸し付けたりすることはよく見られることです。
ですから普通の会社員の場合と比べて、会社のオーナーとその会社とのつながりは比べ物にならないほど強いのが普通です。

そこで銀行は会社のオーナーからの住宅ローンの申込に関しては、本人の収入状態のほかに、そのオーナーが経営する会社の業績にも関心を持つことになるのです。
中小企業の場合に多いですが、よく会社の税金対策に「わざと」会社の決算を赤字にしたり、利益を少なくしたりするケースがあります。
税金対策としては効果があるかもしれませんが、マイホームの購入時には足をひっぱることにもなりかねません。
この点はご注意を。

どれだけ会社から収入を取っていても、会社の決算内容が赤字であれば、そのオーナーへの住宅ローンの審査が通るのは非常に困難になるのが実際のところです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-経営者・自営業者の住宅ローン
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.