信用保証協会保証の借入金が返済出来ない場合

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会保証の借入金が返済出来ない場合

質問
零細企業の代表をしているものです。
会社は多額の借入金を抱えており、その借入金はすべて銀行からのものです。
そして信用保証協会がついています。
この場合においてこの借入金を返済できなくなったときは、信用保証協会がこの借入金を肩代わりしてくれるのでしょうか?
そして信用保証協会から私は肩代わり分の請求をされるのでしょうか?





回答
基本的にご指摘のとおりです。
信用保証協会の保証付融資の返済が困難となった場合には、信用保証協会が銀行に対して融資の返済を行います。
これにより信用保証協会は求償権という債権を会社や連帯保証人に対して持つことになります。
そしてその求償権に基づき、信用保証協会が会社や連帯保証人に返済を請求することになります。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%