信用保証協会保証の借入金が返済出来ない場合

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会保証の借入金が返済出来ない場合

質問
零細企業の代表をしているものです。
会社は多額の借入金を抱えており、その借入金はすべて銀行からのものです。
そして信用保証協会がついています。
この場合においてこの借入金を返済できなくなったときは、信用保証協会がこの借入金を肩代わりしてくれるのでしょうか?
そして信用保証協会から私は肩代わり分の請求をされるのでしょうか?





回答
基本的にご指摘のとおりです。
信用保証協会の保証付融資の返済が困難となった場合には、信用保証協会が銀行に対して融資の返済を行います。
これにより信用保証協会は求償権という債権を会社や連帯保証人に対して持つことになります。
そしてその求償権に基づき、信用保証協会が会社や連帯保証人に返済を請求することになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達