任意整理と住宅ローンの一括返済請求

投稿日:

ホーム住宅ローンと借金>任意整理と住宅ローンの一括返済請求

質問
現在、夫に借金があり、今月任意整理の手続きをとりました。
住宅ロ-ン(夫名義)の返済が後10年くらい残っています。
平成33年6月までは、金利1.8%で確定しているのですが、その後は未定です。
その時に、銀行から一括返済を求められるでしょうか?
今まで住宅ロ-ンはきちんと期日までに返済してきました。
任意整理後は、貸付自粛制度を利用して、二度と借金出来ないようにするつもりです。

回答
まず任意整理を行うと残念ながら個人信用情報に事故情報として登録がされてしまいます。
個人信用情報に事故情報が登録されていると、新規のローンや新たなクレジットカードの発行はまず不可能になります。

今回ご心配されている点は住宅ローン金利の固定期間が終了し、金利の見直しとなる平成33年6月に任意整理のことが銀行に知られて一括返済を求められるのではないかということですよね。
おそらく大丈夫です。
金利の固定期間の終了を控え、銀行にて手続きが必要となるのは、それ以降の金利を再度固定金利を選択するのか、それとも変動金利を選択するのか、その手続きです。
あくまでも適用する金利の種類を決める手続きですから、この手続きの一環で個人信用情報の調査が行われることはまずありません。

大切なことはきちんと毎月の返済日に返済を履行されることです。
万が一、延滞が長期化するようなことになれば個人信用情報の調査が行われることがあります。
そうなると一括返済を求められてしまうことがあります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと借金

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.