夫が住宅ローンを組みますが連帯保証人になっています

ホーム住宅ローンの審査>夫が住宅ローンを組みますが連帯保証人になっています

質問
会社員の夫が住宅ローンを組むことになります。
しかし夫は義父が銀行から借りている事業資金の連帯保証人になっています。
この場合に住宅ローンを組むことは可能でしょうか?





回答
事業資金に関する連帯保証については個人信用情報の登録対象外です。
したがって住宅ローンの審査にこの連帯保証が影響することはありません。

基本的に法人の事業資金の借り入れの連帯保証人は(連帯債務者は×)住宅ローンなどの審査には影響しないのが原則です。たぶん保証協会付きの事業資金では?
それであれば、個人情報上の登録はありませんので、事業資金の借入先以外の銀行なら大丈夫だと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達