保証協会付き融資の条件変更交渉先

ホーム返済条件変更(リスケ)>保証協会付き融資の条件変更交渉先

質問
会社経営者です。
この度資金ショートを起こしました。
事業は継続するつもりです。
現在、銀行から借入があります。
銀行に2~3年間利子のみの支払で、その後通常どおり支払うとの交渉を交渉しようと考えています。
銀行からの借入は信用保証協会付きです。
この場合、銀行に交渉したほうが宜しいでしょうか。
それとも保証協会に交渉したほうが宜しいでしょうか。





質問
交渉先は銀行になります。
信用保証協会の保証が付いたものであっても、融資をしているのはあくまでも銀行です。
そのため融資の返済条件の変更を交渉する相手は銀行になります。
銀行との交渉を経て、銀行経由で信用保証協会に条件変更の申込みを行う手順になります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達