会社が赤字の場合の社長の住宅ローン申込みについて

ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>会社が赤字の場合の社長の住宅ローン申込みについて

会社経営者や自営業の方については住宅ローンがサラリーマンの人と比べると難しいと言われていますが本当でしょうか?

会社経営者はサラリーマンに比べて住宅ローンの審査が厳しい

難しいと言われている理由は収入の安定性の違いにあります。
客観的に見てどうしても会社経営者や自営業の人はサラリーマンに比べると収入が不安定になりがちです。
銀行の住宅ローン審査においてはこの収入の安定性は重要な要素です。
ですから会社経営者や自営業の人は住宅ローンがサラリーマンに比べると難しいを言われているのです。

サラリーマンの場合、収入は前年度の源泉徴収票などで確認するのに対し、会社経営者の場合は、会社の決算状況も確認します。
また自営業の場合は前年度だけでなく、3年程度の所得状況を確認します。
住宅ローン審査においてはこの3年間の所得のうち、もっとも低い所得を審査基準にしている銀行が多いと思います。

会社経営者の場合、会社の決算が赤字のときは住宅ローンの審査は厳しくなるのが現実です。
審査が通らないこともよくあります。
では赤字であれば一切住宅ローンの審査が通らないかといえば、決してそんなこともありません。

会社が赤字でも住宅ローン審査が通ることはあります

会社が赤字の場合で住宅ローンの審査がOKとなる代表的なケースとしては、赤字額が経営者の報酬以内に納まっている場合です。
中小企業の場合、会社と経営者は事実上一体です。
経営者の報酬以内に会社の赤字額が収まっていれば、会社+経営者で見た場合は実質的に黒字です。
このようなケースは会社決算が赤字でも住宅ローンの審査が通りやすいケースです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。