運転資金融資の相談時に準備しておくべき資料

ホーム運転資金に関すること>運転資金融資の相談時に準備しておくべき資料

銀行に運転資金の融資を相談する際には①試算表と②資金繰り表をあらかじめ準備しておきましょう。
すでに決算書を銀行に提出してあっても、実際に運転資金の融資を相談する時には決算期から時間が経っていることが多いはずです。
決算書はあくまでもこれまでの過去の実績ですから、銀行としては足許の業績がどうなっているのかを確かめたいところです。
決算書は良好な内容であっても、決算期以降は業績が低下しておりそのために資金繰りが厳しくなり運転資金の銀行融資の相談につながっている例が少なくありません。
そのために試算表にて決算以降の業績について銀行としては確認をしたいのです。

また融資により当面資金繰りが回るのかどうかも銀行としては確認したいところです。
資金繰り表にて現在の資金状況を確認するとともに、今後の資金繰り状況を見ることで融資により資金繰りが安定するのか、そしてきちんと返済することが出来るのかを銀行は確認するのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス