銀行融資の基本

運転資金融資の相談時に準備しておくべき資料

ホーム運転資金に関すること>運転資金融資の相談時に準備しておくべき資料

銀行に運転資金の融資を相談する際には①試算表と②資金繰り表をあらかじめ準備しておきましょう。
すでに決算書を銀行に提出してあっても、実際に運転資金の融資を相談する時には決算期から時間が経っていることが多いはずです。
決算書はあくまでもこれまでの過去の実績ですから、銀行としては足許の業績がどうなっているのかを確かめたいところです。
決算書は良好な内容であっても、決算期以降は業績が低下しておりそのために資金繰りが厳しくなり運転資金の銀行融資の相談につながっている例が少なくありません。
そのために試算表にて決算以降の業績について銀行としては確認をしたいのです。

また融資により当面資金繰りが回るのかどうかも銀行としては確認したいところです。
資金繰り表にて現在の資金状況を確認するとともに、今後の資金繰り状況を見ることで融資により資金繰りが安定するのか、そしてきちんと返済することが出来るのかを銀行は確認するのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.