工事代金回収までのつなぎ資金を借りたい

ホーム銀行融資の受け方>工事代金回収までのつなぎ資金を借りたい

工事代金回収までの材料費や人件費などの資金を銀行に融資の相談をする際には、次の資料を準備しておきましょう。

・最近の試算表
・工事の契約書
・資金繰り予定表

銀行としては工事代金の回収資金にて融資が返済されることを前提に審査を行うことになります。
したがって工事の契約書には支払方法や支払期日がきちんと記載されていることが必要です。
もし契約書には支払方法が記載されていない場合には、別途支払方法が確認出来る書類が必要となります。
また工事代金の回収口座は融資を受ける銀行口座を指定する必要があります。
さきほどもご案内しましたが、工事代金回収までのつなぎ資金融資の返済原資は工事代金となります。
その返済原資となる工事代金が他の銀行口座に入金されるようでは極めてまずいのです。
返済原資となる工事代金が他の銀行口座に入金されてしまえば、それが融資の返済に回らず他の使途に流用される恐れを銀行は心配します。
必ず融資を受ける銀行口座を指定する必要があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。