共同経営者が信用保証協会で事故を起こしています

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>共同経営者が信用保証協会で事故を起こしています

質問
共同経営者は、過去の破産について、銀行から借入れ保証協会付きの融資を受け、その借り入れに対して、免責を受けている状況です。
これを求償債務を追わせたという理解で間違いないでしょうか。
おそらくここで信用保証協会側の信用が失墜したものと思われます。
また破産は個人のみおこなっており、法人は弁護士側・裁判所の判断で放置され、おそらく法人は消滅してしまっているとのことです。
共同経営者と関係性が全くないという証明は、どのようなものであれば可能になってきますでしょうか。





回答
共同経営者の方はやはり信用保証協会に求償債務があったのですね。
共同経営者の方と何らかのつながりがある限り、信用保証協会の利用はまず不可能です。
ところでそのつながりという点ですが、これは共同経営者の方が役員、社員、出資者でないことは当然のこととして、御社の事業上も何ら関係のないことが前提です。
このことを信用保証協会に証明する手段としては、とにかく説明するしかありません。
この方が過去に共同経営者であったという重い事実がありますから、これが大きな障害となり現実的に信用保証協会の理解を得ることは困難かもしれませんが、ただ説明する以外に方法がありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%