取引振の重要性がますます高まっています

ホーム銀行融資審査マンの心理>取引振の重要性がますます高まっています

銀行融資の審査において最近痛感しているのが取引振の重要性です。
取引振とは融資取引以外の銀行取引、つまり預金取引、支払取引(振込など)、外為取引、社長個人の取引などです。
銀行融資の審査の基本は融資先の信用力ですが、それだけではありません。
この取引振の充実度が審査には実に大きく影響を及ぼします。

財務内容が良好、つまり信用力が高い先には銀行は積極的に融資をしたいと考えます。
しかし融資取引のみで預金口座はこの融資の返済のみに使われている状態では銀行としては商売上、おもしろくありません。
一方で財務内容に多少問題があっても、売上の入金口座として利用してもらっている、総合振込も利用してもらっているなど取引振がついている先には可能な限り融資対応しようと考えるものです。





最近この考え方が銀行融資の現場ではますます強くなっているように感じています。
例えば財務内容が良好なケースを考えます。
この状態において取引振が充実している融資先には今後も積極的に取引を推進する方針を取ります。
一方で取引振が充実していない融資先には今後の取引を見極め、取引振がついてこない場合には取引解消も止む無しとの方針を取ります。
今度は財務内容に多少問題があるケースを考えます。
この状態では基本的に融資には慎重姿勢を銀行は取るのですが、取引振がついている先には融資の依頼があった場合には、何とか応えられないか対応を検討します。
一方で取引振がついていない先であれば、融資はお断りする対応を取ります。

複数の銀行取引がある場合、管理上は1つの銀行に取引振を集約することが効率的なのですが、例えば融資シェアに応じて取引振を分散することも必要かと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%