会社経営と過去の借金

投稿日:

ホーム銀行融資と経営者の関係>会社経営と過去の借金

質問
義父が会社を経営していて近い将来主人が会社を継ぐことになると思います。
ですが今現在主人には個人的に消費者金融からの借金があります。
会社を継ぐことになった時に借金を全額返済しおえていた場合会社の銀行融資など大丈夫でしょうか?
会社は従業員10名程度の建設業で、借入は年に2回賞与の時に300万借りています。
ほかに他には借入はありません。経営状況はそんなに良いわけではありませんが、賞与以外の借入なしで従業員の給与、保険料、材料等の支払、消費税など滞納なく出来ています。

回答
銀行融資には大きくプロパー融資と信用保証協会の保証付融資があります。
おそらく貴社はこの2つの融資形態のいずれか、あるいは両方の利用があるものと思われます。
ご主人の消費者金融の利用が影響するケースとしては、融資審査時にご主人の個人信用情報が調査されるかどうかです。
調査がされないのであれば、消費者金融の利用が貴社への融資審査にマイナスになることはありません。

その上でですが、プロパー融資の場合はほとんどの場合、ご主人の個人信用情報が調査されることはありません。
金融機関により対応はまちまちですが、多くの金融機関では経営者の個人信用情報を調査することはありません。
また信用保証協会の保証付融資についてですが、現在すでに信用保証協会の利用実績があれば、経営者がご主人に変更になっても個人信用情報が調査されることはありません。

多分ですが、ご質問の内容から想像しますとご主人の消費者金融の利用は銀行融資の審査には影響しないと考えます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と経営者の関係

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.