自己破産10年と住宅ローン

ホーム住宅ローンと自己破産>自己破産10年と住宅ローン

質問
自己破産後9年目になる者です。
今年の11月で10年になるので、フラット35にて住宅ローン申し込みを考えております。
全銀連等の信用機関情報を確認してからと思っていますが、もし情報が削除されていれば審査通過する可能性はあるでしょうか?
破産後7年目に銀行系クレジットカード《JCB》が作れ、返済滞りなく行っております。
年収520万
勤続2年です。





回答
自己破産の情報は全銀連、つまり全国銀行信用情報センターにて10年間登録されています。
そして10年後には自動的に自己破産情報は削除されます。
住宅ローンの審査時には個人信用情報の照会が必ずなされますが、自己破産情報が削除されていれば、銀行は自己申告でもしない限り自己破産の事実を知ることはありません。
従いまして住宅ローンの審査は前へ進みます。
なお自己破産により「迷惑をかけた」銀行では、個人信用情報の登録有無に関わらず、自己破産の情報が蓄積されていますが、その銀行では難しいです。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%