自己破産10年と住宅ローン

投稿日:

ホーム住宅ローンと自己破産>自己破産10年と住宅ローン

質問
自己破産後9年目になる者です。
今年の11月で10年になるので、フラット35にて住宅ローン申し込みを考えております。
全銀連等の信用機関情報を確認してからと思っていますが、もし情報が削除されていれば審査通過する可能性はあるでしょうか?
破産後7年目に銀行系クレジットカード《JCB》が作れ、返済滞りなく行っております。
年収520万
勤続2年です。

回答
自己破産の情報は全銀連、つまり全国銀行信用情報センターにて10年間登録されています。
そして10年後には自動的に自己破産情報は削除されます。
住宅ローンの審査時には個人信用情報の照会が必ずなされますが、自己破産情報が削除されていれば、銀行は自己申告でもしない限り自己破産の事実を知ることはありません。
従いまして住宅ローンの審査は前へ進みます。
なお自己破産により「迷惑をかけた」銀行では、個人信用情報の登録有無に関わらず、自己破産の情報が蓄積されていますが、その銀行では難しいです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと自己破産

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.