無担保比率をオーバーしていると新たな銀行カードローンは作れないのか

ホームカードローンの審査>無担保比率をオーバーしていると新たな銀行カードローンは作れないのか

質問
無担保比率が年収の2分の1だと考えると、年収300万円の場合は、無担保ローンがすでに150万円あると銀行カードローンが新たに作れなくなるという事でしょうか?

回答
カードローンの審査はきわめてシンプルかつ機械的です。
人の判断が介することはほとんどなく、お申し込みをされた方の属性情報などをポイント化して審査の可否を決めています。
そうしないと膨大な数の審査をこなすことが出来ません。
無担保比率をオーバーしてしまうと、それだけでカードローンの審査は否決となります。
無担保比率を算出する場合には、他の銀行等の無担保借入も合算します。
したがってすでに年収の2分の1の無担保借入がある場合には、新たな銀行カードローンは作れません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。