無担保比率をオーバーしていると新たな銀行カードローンは作れないのか

投稿日:

ホームカードローンの審査>無担保比率をオーバーしていると新たな銀行カードローンは作れないのか

質問
無担保比率が年収の2分の1だと考えると、年収300万円の場合は、無担保ローンがすでに150万円あると銀行カードローンが新たに作れなくなるという事でしょうか?

回答
カードローンの審査はきわめてシンプルかつ機械的です。
人の判断が介することはほとんどなく、お申し込みをされた方の属性情報などをポイント化して審査の可否を決めています。
そうしないと膨大な数の審査をこなすことが出来ません。
無担保比率をオーバーしてしまうと、それだけでカードローンの審査は否決となります。
無担保比率を算出する場合には、他の銀行等の無担保借入も合算します。
したがってすでに年収の2分の1の無担保借入がある場合には、新たな銀行カードローンは作れません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-カードローンの審査

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.