個人事業主における住宅ローンの収入基準


ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>個人事業主における住宅ローンの収入基準

個人事業主の方の住宅ローンにおける収入基準は確定申告書がベースとなります。
確定申告書にはさまざまな数字が記載されていますが、例えば収入が300万円で経費を250万円計上し申告所得が50万円だったとします。
そして経費は本当は250万円よりは少ないのですが、税金対策として多めの経費を計上しているとします。

この場合は銀行の住宅ローン審査における収入基準は申告所得の50万円となります。
そして本当はもっと経費が少ないから真の申告所得は50万円より多いと口頭で説明してもまったく意味がありません。
銀行ではあくまでも確定申告書が真実の姿とみなし、「本当はもっと経費は少なく申告所得は多い」と口頭で説明しても何の役にも立たないのです。

これから住宅取得を考えている場合には、経費は本当にかかった数字を記載すべきです。
税金を払うのがもったいないからといって、経費を水増しし申告所得を過少にすると税金対策上は一定の効果があるかもしれませんが、銀行の住宅ローン審査上ではマイナスに作用します。

なお銀行の住宅ローン審査においては、個人事業主の場合、通常3年間の確定申告書の提出を求められますから注意してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト