自己破産後の日本政策金融公庫の利用について

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>自己破産後の日本政策金融公庫の利用について

質問
国民金融公庫は自己破産から10年たつと融資の対象になるんでしょうか??
国民金融公庫と信用保証協会は関係がないのでしょうか??





回答
自己破産に関する個人信用情報は10年間登録されていることになっています。
そして10年が経過すれば自動的に情報は削除されます。
日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)を利用する際には個人信用情報の調査が行われますが、自己破産から10年が経過していれば情報が削除されていますから、自己破産が直接の原因で審査が不可となることはありません。
また日本政策金融公庫と信用保証協会は全くの別組織で何ら関係はありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達