受注対応の特例融資


ホーム銀行融資の受け方>受注対応の特例融資

受注対応の特例融資とはある特定の受注契約に関わる資金の立替部分を代金回収までのつなぎ資金として融資を行う性質のものです。
すでに相応の融資を受けており、これ以上の追加融資は難しいと言われている場合でも、短期のつなぎ資金として融資が受けられる可能性があります。
この種の融資を利用する場合には、既に契約済みの受注契約書類が必須であり、将来の受注は対象とはなりません。
これ以上の融資はもう無理と銀行から言われている場合でも、融資が受けられる可能性がありますから、一度取引銀行に相談してみると良いかもしれません。
信用保証協会によっては同様の保証制度を設けている場合がありますので、こちらを前提に銀行に相談してみるとなお良いと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト