転職ではなく転籍した場合の住宅ローン審査


ホーム住宅ローンと転職>転職ではなく転籍した場合の住宅ローン審査

住宅ローンの審査条件の中に勤続年数があります。
銀行によっておおむね勤続年数は3年以上を申込の要件としているところが多いと思います。
収入の安定性の点から要件としているものです。

転籍と転職では住宅ローン審査の取扱が異なる

では子会社や関連会社に転籍した場合、勤続年数は0として審査をするのでしょうか。
子会社や関連会社に転籍した場合には勤続年数は0と見ません。
通算勤続年数で住宅ローンの審査は行われます。

転籍と転職とは違うのです。
転職の場合は、勤続年数は一旦リセットされますが、転籍の場合は住宅ローンの審査においてはリセットしません。

転籍しても特段の理由のない限り、収入の安定性に変化はないからです。

転職の場合は勤続年数はリセットされてしまいますので、住宅ローン審査において勤続年数3年以上の基準に抵触してしまう恐れがあります。

勤続年数の基準は転職が決して珍しいことではなくなってきていますから、以前に比べると弾力的に審査する場合もありますが、やはり通常の銀行ではまだまだ勤続年数3年以上の基準を一定の目安としています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト