連帯保証人の知る権利について

投稿日:

ホーム保証人に関すること>連帯保証人の知る権利について

質問
私は長男の借金の連帯保証人です。
借りているのは地元の信用金庫です。
最近、長男の返済が滞りがちで、このままだと私達夫婦が返済しなくてはなりません。
そこで銀行にあと幾ら残っているのか問い合わせたところ、本人でないと教えることが出来ないと言われてしまいました。
連帯保証人なのに、それはおかしいと言っても個人情報だからの一点張りです。
私達は借金の額すら知る事は出来ないのでしょうか?
長男はだんまりで無視を決め込んでいます。
もし残りの返済額を知ることができるなら、その方法を教えていただきたいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

回答
連帯保証人であれば、当然、保証の対象である借入がいくら残っているのかは気になりますね。
信用金庫さんが「個人情報」を盾に回答を拒む理由もわからなくはありませんが、不親切な対応に感じられます。
信用金庫さんには質問の仕方を変えてみましょう。

貴殿は連帯保証人ですから、保証債務というものを負っています。
念のためですが保証債務とはいくら返済しなければならないのかとほぼ同じ意味合いになります。
そしていくら返済しなければならないのかの金額は、保証の対象であるご長男の借入額と同一となります。
したがって「私はいくら保証債務が残っているか?」という質問をすれば、信用金庫さんも答える義務が生じてきます。

なお管理人が勤務している銀行では定期的に連帯保証人さんに保証債務の金額をお知らせしています。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-保証人に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.