信用保証協会の代位弁済と個人信用情報

ホーム個人信用情報に関すること>信用保証協会の代位弁済と個人信用情報

質問
私は法人で借入をした信用保証協会付債務の連帯保証人になっています。
保証人は代表者と私がなっています。(私は代表者ではありません)。
法人が倒産し、保証協会は代位弁済すると思いますが、その返済を連帯保証人たる私にも返済を求めてくると思いますが、この場合、私の信用情報は事故や何らかの不利な情報が、信用情報登録機関に報告・登録されるのでしょうか?





回答
連帯保証人になっただけでは貴殿の個人信用情報に連帯保証があることは登録されませんが、連帯保証の債務は今回のように現実となった場合には、個人信用情報に登録がなされます。
連帯保証の存在そのものは事故ではありませんが、連帯保証債務が借入と同一のものとして、今後の審査等に利用されることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%